About Us

いよいよ本番LOHASビジネス! LBA発足記念フォーラム開催。130名参加で大盛況!

いよいよ本番LOHASビジネス! 全国から130名の参加者 
-LBA設立記念フォーラム レポート(7/17)-

7月17日、新丸ビル10Fに静かに広がるエコなスペース「エコッツエリア」にて、
LBAの発足記念フォーラムが開かれました。当日時点で会員は、法人会員30社、
個人事業主・起業家・個人会員30社にのぼりました。フォーラムおよび懇親会の
参加者も全国各地からご参加の会員、メディア、理事および関係者など総勢で
130人と大盛況でした。

IMG_1890.jpg

フォーラムはまず、共同代表井手敏和さんと大和田順子の挨拶に始まり、
最初のプレゼンテーションは米LOHAS Forum代表テッド・ニン氏による
最新のロハス事情についてでした。LOHASは1990年代の後半に米国
コロラド州ボールダーに生まれ、2002年に日本に紹介され2005年からブームに。

IMG_1928.jpg

そして今、アジアが二年前の日本の状況になりつつあります。韓国、台湾、中国で
ロハスブームが起きているのです。奇しくも、会員企業で自然派リフォームを進める
㈱オクタは昨年北京にLOHAS Studio(ショールーム)をオープンし、アロマ・ハーブの
㈱生活の木は今年5月に台湾に海外一号店を出店したところでした。

アメリカではロハスは一般の方が使う言葉としては普及していませんが、日本では
7割を超える認知になっており、アジアにも「LOHAS」という言葉で広まっています。
雑誌やWEBサイト、財団設立、あるいは認証にLOHASを使おうという動きもあります。

続いて、ネットエイジグループ会長の西川さんと共同代表井手さんによる「ビットから
グリーンへ」と題する対談が。ビットの世界の企業、ミクシーからyahoo、googleまで、
電力のグリーン化に着手したり、ITをいかに社会変革に活用しようかという動きが
出てきています。西川さんが創業され、株式公開されているネットエイジグループも、
今回グループ名を「ngi group」と変更。社会を変革する事業を行っていく、つまりLOHAS事業に
出資するファンドを組成したいとお考えです。会場からのファンドの規模を質問があり、
ナント30億円位のファンドをイメージされているそうですよ。一社あたり出資額は
5,000万円が平均だそうですが、それだけあれば、事業をスタートできますね!
われこそは、こんなLOHASビジネスプランを持っています、という方、是非メールください。

IMG_1944.jpg

最後のセッションは、法政大学の小川先生と、エフティーピーエス代表徳江さんと大和田に
よる鼎談「日本のオーガニック農産物の未来」でした。徳江さんは、「大地の会」の創業メンバー、
「らでぃっしゅぼーや」代表者、そして自然食品スーパー「マザース」の立ち上げなど、
この30年間、時代に合わせてオーガニック農産物の流通を促進する業態開発を手がけて
こられました。2年前に創業した「エフティーピーエス」は、黒子として、大手スーパーマーケットに
オーガニック農産物コーナーをコーディネートする事業を行う会社です。今やクローズドな
チャネルではなく、一般のスーパーや飲食店で買えるようにする時代だといいます。

P1015571.JPG

また、小川先生は今年春に「MPS」というオランダ生まれの花のエコマークを導入する事業を
始められたそうです。花は農薬やエネルギーをけっこう使っている産業で、これを削減するとともに、
MPSマークの付いた、国産のエコな花をブランド化しようという試みです。

お待ちかねの懇親会は、星野リゾート系列会社「ヤッホーブリューイング」様ご協賛のオーガニック
ビールや「マヴィ」様のオーガニックワイン、そしてベジタブル中心のお料理が並びました。
ご参加の皆様はそれぞれご自身のビジネスや夢を語り合い、沢山の出会いがあったようです。
すでに有機的(オーガニック)な関係がはじまりつつあるLBAでした。

IMG_2044.jpg

IMG_2078.jpg
乾杯のご発声「生活の木」重永社長


次回は8/28(火)が第一回定期セミナーです。第一部の「LOHASビジネス始め方講座」では、
ミッションステートメント&ビジネスモデルの作り方について、自然派リフォームOKUTAの
山本社長からお話いただきます。第二部は今ホットな「CO2の減らし方」です。

LBAは年間いつでもご入会いただけます。
ご入会は→ http://www.lohas-ba.org/member/index.html

IMG_2000.jpg
めだかの泳ぐ水槽や緑が豊富な「エコッツエリア」です